管鮑の交わり(かんほうのまじわり)

管鮑の交わり(かんほうのまじわり) 「か」

分類

ことわざ

意味

どんな場合にもよく理解し合った極めて親密な交際のことをいう。
昔、中国の春秋時代に、斉の管仲と鮑叔という者がいた。二人は仲が良くまだ出世する前に、二人で商いをして管仲の方が余計に利益を多く取ったが、鮑叔は彼が貧しいことを知っていたために別に欲深い奴だとは思わず、また責めることもせずに援助を続けた。そのほか、鮑叔は管仲のすることをよく理解して怒ったり悪口を言ったりすることは一切なかった。後に管仲は斉の宰相となり、自分を生んだのは父母、自分を最もよく理解してくれる者は鮑叔だと語って友を誉め称え、二人は一層親密になった、ということから。

同類語・同義語

  • 刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)
刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)
分類ことわざ意味生死を共にし、たとえ首を刎ねられても悔いない程に深い交際のことをいう。「刎頸」とは、首を切り落とすこと。相手のために自分の首を切り落とすことになっても後悔しないほどに深い友情に支えられた交際を指していう。同類語・同...

コメント

タイトルとURLをコピーしました