「う」

「う」

牛に引かれて善光寺参り(うしにひかれてぜんこうじまいり)

分類 ことわざ 意味 何かのきっかけで自己の意志でなく思いがけず始めたことが、知らない間に善い行いや良い結果になっていること。また、嫌々しているうちに段々と熱心になることをいう。 昔、信濃の善光寺の近くに七十過ぎの強欲な老婆がいたが、ある時...
「う」

雲泥の差(うんでいのさ)

分類 ことわざ 意味 二つの物事が、天と地ほどかけ離れていること。 「雲泥」は、天と地のこと。良いものを天に、劣ったものを地に例え、天と地ほどの違いがあるという意味から。中国から来た言葉。 同類語・同義語 提灯に釣り鐘(ちょうちんにつ...
「う」

噓から出た実(うそからでたまこと)

分類 ことわざ 意味 最初は嘘を言ったつもりが、結果として、それが本当のことになってしまうことをいう。 または、はじめは冗談でやったことが、ついには本当にそうしなければならない破目になってしまうことをいう。 同類語・同義語 嘘から出た...
「う」

瓜田に履を納れず(かでんにくつをいれず)

分類 ことわざ 意味 人に疑われるような言動は慎んだ方が良い、という戒め。 「瓜田」とは、瓜(ウリ)の畑のこと。「履を納れる」とは、靴等の履物が脱げてしまったので、かがんで足を履物に入れて履きなおす様をいう。 ともすると、瓜泥棒と疑われかね...
「う」

売り家と唐様で書く三代目(うりいえとからようでかくさんだいめ)

分類 ことわざ 意味 一代目が築き上げた家や財産も、三代目ぐらいになると奢侈・道楽・遊びに日々を過ごしたために売りに出されるということになる、というのを風刺した川柳から。 三代目がたしなみとして習得した中国風・唐様の風雅な書で「売り家」と札...
「う」

瓜の蔓に茄子はならぬ(うりのつるになすびはならぬ)

分類 ことわざ 意味 平凡な普通の親からは、優れた子供は生まれないものだ、という意味。子が親に似るたとえ。原因と結果は双方に対応しているものだ。 瓜(ウリ)の蔓には瓜しか身を付けず、茄子の実は茄子の枝にしか成らない、ということから。 同類語...
「う」

内股膏薬(うちまたごうやく)

分類 ことわざ 意味 内股に貼った膏薬は、歩くたびに右の股にも左の股にもくっついてあちこちに動いてしまうように、自分の立場や考えを持たずにその時の利益や力関係、都合によって、どちらの立場にでもなることをいう。または、態度が不安定で対立してい...
「う」

馬に乗るとも口車に乗るな

分類 ことわざ 意味 あまり調子良く物事が運ぶような話には注意した方が良い、という意味。
「う」

牛を馬に乗りかえる

ことわざのなかの「牛を馬に乗りかえる」の意味を記載したページです。「牛を馬に乗りかえる」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「う」

浮世は回る水車(うきよはまわるみずぐるま)

ことわざのなかの「浮世は回る水車(うきよはまわるみずぐるま)」の意味を記載したページです。
「う」

瓜を投じて玉を得る

ことわざのなかの、「瓜を投じて玉を得る」の意味を記載したページです。
タイトルとURLをコピーしました