あ行

「え」

得手に帆を揚げる(えてにほをあげる)

ことわざのなかの「得手に帆を揚げる(えてにほをあげる)」の意味を記載したページです。「得手に帆を揚げる」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「い」

命あっての物種(いのちあってのものだね)

ことわざのなかの「命あっての物種(いのちあってのものだね)」の意味を記載したページです。「命あっての物種」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「い」

石に枕し流れに漱ぐ(いしにまくらしながれにくちすすぐ)

ことわざのなかの「石に枕し流れに漱ぐ(いしにまくらしながれにくちすすぐ)」の意味を記載したページです。「石に枕し流れに漱ぐ」と同じ意味のことわざや関連する故事も紹介しています。
「い」

石に漱ぎ流れに枕す(いしにすすぎながれにまくらす)

故事のなかの「石に漱ぎ流れに枕す(いしにすすぎながれにまくらす)」の意味を記載したページです。「石に漱ぎ流れに枕す」と同じ意味のことわざ・故事や関連することわざ・故事も紹介しています。
「え」

遠慮は無沙汰(えんりょはぶさた)

ことわざのなかの「遠慮は無沙汰(えんりょはぶさた)」の意味を記載したページです。
「え」

江戸の敵を長崎で討つ(えどのかたきをながさきでうつ)

ことわざのなかの「江戸の敵を長崎で討つ(えどのかたきをながさきでうつ)」の意味を記載したページです。
「う」

牛を馬に乗りかえる

ことわざのなかの「牛を馬に乗りかえる」の意味を記載したページです。「牛を馬に乗りかえる」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「う」

浮世は回る水車(うきよはまわるみずぐるま)

ことわざのなかの「浮世は回る水車(うきよはまわるみずぐるま)」の意味を記載したページです。
「い」

従兄弟同士は鴨の味

ことわざのなかの「従兄弟同士は鴨の味」の意味を記載したページです。
「い」

一糸乱れず(いっしみだれず)

ことわざのなかの「一糸乱れず(いっしみだれず)」の意味を記載したページです。
「お」

負わず借らずに子三人(おわずからずにこさんにん)

ことわざのなかの「負わず借らずに子三人(おわずからずにこさんにん)」の意味を記載したページです。
「お」

己を以って人を量る(おのれをもってひとをはかる)

ことわざのなかの「己を以って人を量る(おのれをもってひとをはかる)」の意味を記載したページです。
「お」

同じ穴の狢(おなじあなのむじな)

ことわざのなかの「同じ穴の狢(おなじあなのむじな)」の意味を記載したページです。「同じ穴の狢」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「い」

鼬のない間の鼠(いたちのないまのねずみ)

ことわざのなかの「鼬のない間の鼠(いたちのないまのねずみ)」の意味を記載したページです。
「い」

石部金吉金兜(いしべきんきちかなかぶと)

ことわざのなかの「石部金吉金兜(いしべきんきちかなかぶと)」の意味を記載したページです。「石部金吉金兜」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「あ」

虻蜂とらず(あぶはちとらず)

ことわざのなかの「虻蜂とらず(あぶはちとらず)」の意味を記載したページです。「虻蜂とらず」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「あ」

頭禿げても浮気はやまぬ

ことわざのなかの「頭禿げても浮気はやまぬ」の意味を記載したページです。
「あ」

価を二つにせず(あたいをふたつにせず)

ことわざのなかの「価を二つにせず(あたいをふたつにせず)」の意味を記載したページです。
「あ」

浅瀬に仇波(あさせにあだなみ)

ことわざのなかの「浅瀬に仇波」の意味を記載したページです。
「あ」

商人と屏風は曲がらねば立たぬ(あきんどとびょうぶはまがらねばたたぬ)

ことわざのなかの「商人と屏風は曲がらねば立たぬ(あきんどとびょうぶはまがらねばたたぬ)」の意味を記載したページです。「商人と屏風は曲がらねば立たぬ」と同じ意味のことわざも紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました