苦労

「ろ」

労多くして功少なし(ろうおおくしてこうすくなし)

分類 ことわざ 意味 苦労ばかり多くて結果は大したことがない、という意味。いくら骨を折っても効果がないことをいう。 「労」は、はたらき・骨折りの意、「功」は、効果・利益、の意。 同類語・同義語 労して功無し
「な」

泣き面に蜂

分類 ことわざ 意味 不幸の上に不幸が重なること。困って苦しんでいる上にさらに苦労が重なって起こること。 泣いている顔をさらに蜂が刺すという意味から。 同類語・同義語 泣き面を蜂が刺す 弱り目に祟り目 踏んだり蹴ったり
「や」

藪をつついて蛇を出す(やぶをつついてへびをだす)

ことわざ,藪をつついて蛇を出す(やぶをつついてへびをだす),動物,自然,藪,蛇,余計,苦労,災難,結果,同類語,同義語,同じ意味
「ね」

猫も心配すれば死ぬ

ことわざのなかの「猫も心配すれば死ぬ」の意味を記載したページです。「猫も心配すれば死ぬ」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「き」

今日のことは今日だけ

ことわざのなかの「今日のことは今日だけ」の意味を記載したページです。
「ら」

楽は貧にあり(らくはひんにあり)

ことわざのなかの「楽は貧にあり(らくはひんにあり)」の意味を記載したページです。
タイトルとURLをコピーしました