他人

「つ」

杖に縋るとも人に縋るな(つえにすがるともひとにすがるな)

分類 ことわざ 意味 滅多に人を頼ってはいけない、他人に依頼心を起こしてはならない、という意味。 人に縋る(すがる)くらいなら杖に縋れ、ということから。
「た」

他人の飯には骨がある

分類 ことわざ 意味 他人の家で暮らすということは、非常に辛苦の多いものである、ということを、骨で表現した言葉。 同類語・同義語 他人の飯にはとげがある
「た」

他人の飯を食う

分類 ことわざ 意味 他人の間で揉まれ、実社会での経験を積むことをいう。 親元を離れて他人の家に厄介になって飯を食ってみる、ということから。
「た」

他人の飯は白い(たにんのめしはしろい)

分類 ことわざ 意味 他人のものは何でも自分のものよりもよく見えて羨ましく思うこと。 自分のご飯に比べて他人のご飯はより白いように見える、ということから。 同類語・同義語 隣の花は赤い
「た」

他人の念仏で極楽参り

分類 ことわざ 意味 他人の努力に便乗して自分は何もしないまま利益を得ようとすること。 自分は一向に念仏を唱えようとはせずに、他人の念仏によって、極楽へと参ろうとする、ということから。
「ひ」

人の一寸我が一尺(ひとのいっすんわがいっしゃく)

分類 ことわざ 意味 他人の欠点は見えやすく、自分自身の欠点については見えずらいことをいう。 一尺は一寸の十倍で、どんなに小さなものでも他人の欠点はすぐ気が付くが、いざ自分自身の欠点のこととなると、大きなものでも気が付かない、ということ。 ...
「せ」

世間知らずの高枕(せけんしらずのたかまくら)

分類 ことわざ 意味 他人はあれこれ心配しているのに、世情に疎い人間は平気でのんびりと暮らしている、という意味。 世の中のことを何も知らないものは、何も心配事がなく、夜も枕を高々として安眠することができる、ということから。
「お」

岡目八目(おかめはちもく)

分類 ことわざ 意味 第三者の方が当事者よりも物事の良し悪しや利害得失がよく分かることをいう。 囲碁からでた言葉で、「岡目」は「傍目」とも書き、そばで見ている人の目のこと。他人の囲碁を傍観している人は、本人たちよりも八目も先の手(八手先)が...
「え」

海老で鯛を釣る

分類 ことわざ 意味 海老(エビ)のような小さく安いものを餌にして大きな高い鯛を釣る、ということから、海老のような小さなつまらないものを他人に与え鯛のような立派なものをもらう、という意味。 わずかな元手や小さな資本で多くの利益を得ることにも...
「り」

良馬は鞭影を見て行く(りょうばはべんえいをみていく)

分類 ことわざ 意味 優れた人物は、他人の指示や指導を待たずに行動ができる、という意味。 良い馬というものは、鞭でその尻を叩かれる前に、鞭の影を感じ取るだけで走る速度を上げることができる、ということから。 同類語・同義語 良馬は鞭声を...
「ふ」

夫婦喧嘩は犬も食わぬ

ことわざのなかの「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」の意味を記載したページです。「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「ひ」

人一度之を能くすれば己は之を百度す

ことわざのなかの「人一度之を能くすれば己は之を百度す」の意味を記載したページです。
「ひ」

人の事は目に見ゆる わが身の事は人に問え

ことわざのなかの「人の事は目に見ゆる わが身の事は人に問え」の意味を記載したページです。
「と」

隣の花は赤い

ことわざのなかの「隣の花は赤い」の意味を記載したページです。「隣の花は赤い」と同じ意味のことわざも紹介しています。
「の」

のけば他人

ことわざのなかの「のけば他人」の意味を記載したページです。
「え」

江戸の敵を長崎で討つ(えどのかたきをながさきでうつ)

ことわざのなかの「江戸の敵を長崎で討つ(えどのかたきをながさきでうつ)」の意味を記載したページです。
「お」

己を以って人を量る(おのれをもってひとをはかる)

ことわざのなかの「己を以って人を量る(おのれをもってひとをはかる)」の意味を記載したページです。
タイトルとURLをコピーしました