口と財布は締めるが得

口と財布は締めるが得(くちとさいふはしめるがとく) 「く」

分類

ことわざ

意味

口を閉じてお喋りをするのをつつしんで、財布はしっかりと締めて無駄遣いを無くすように心がけることが、人生のなかで利益を得る一つの方法である、という意味。
お喋りや浪費は失敗や後悔、災難につながってしまうことが多いことから、共につつしむべし、という教え。

同類語・同義語

  • 口は禍のもと
  • 口は禍の門
  • 病は口から入り禍は口から出る
口は禍の門(くちはわざわいのかど)
ことわざのなかの「口は禍の門(くちはわざわいのかど)」の意味を記載したページです。「口は禍の門」と同じ意味のことわざも紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました