鳶が鷹を生む(とびがたかをうむ)

鳶が鷹を生む(とびがたかをうむ) 「と」

分類

ことわざ

意味

つまらない普通の鳶(トビ)が優れた鷹(タカ)を生む、ということから、平凡な親が、気高く親に似合わぬ親勝りの優秀な子供を生むこと。また、子供が親よりも優れていること。母親よりも娘が美人であるという意味も。

同類語・同義語

  • とんびが鷹を生む
  • 鳶が孔雀を生む(とびがくじゃくをうむ)

対義語・反対語

  • 蛙の子は蛙
  • 瓜の蔓に茄子はならぬ
  • 鳶の子鷹にならず
蛙の子は蛙
分類ことわざ意味子供の性質は、親に似るものだ。子供は親の進んだ道を行くものだ、という意味。または、つまらない平凡な人間の子は、やはりつまらない平凡な人間にしかならない、という意味も。蛙(カエル)の子供であるオタマジャクシは、むしろ...
瓜の蔓に茄子はならぬ(うりのつるになすびはならぬ)
分類ことわざ意味平凡な普通の親からは、優れた子供は生まれないものだ、という意味。子が親に似るたとえ。原因と結果は双方に対応しているものだ。瓜(ウリ)の蔓には瓜しか身を付けず、茄子の実は茄子の枝にしか成らない、ということから。同類語...

コメント

タイトルとURLをコピーしました