針の穴から天を覗く

針の穴から天を覗く 「は」

分類

ことわざ

意味

自分の小さな見識をもって大きいことに臨むことをいう。また、わずかに得た知識から、大きな問題を自分勝手に判断することをいう。
針の穴から空を覗くと、わずか一部分しか見えないことから、狭い考えを非難する言葉。

同類語・同義語

  • 葦の髄から天井を見る
  • 葦の髄から天を見る
  • 葦の髄から天井を覗く
  • 葦の髄から天井覗く
  • 井の中の蛙大海を知らず
  • 竹の管から天を覗く
  • 管の穴から天を覗く
葦の髄から天井覗く(よしのずいからてんじょうのぞく)
分類ことわざ意味自分のごく限られた知識で、広い世界の全体を知っているかのように思い込み勝手な判断をしてしまうこと。葦は細い草で、その茎の細い管を通して天井の一部分を覗き、天井全部が分かったような思い込みをする、ということから。同類...

コメント

タイトルとURLをコピーしました