内股膏薬(うちまたごうやく)

内股膏薬(うちまたごうやく) 「う」

分類

ことわざ

意味

内股に貼った膏薬は、歩くたびに右の股にも左の股にもくっついてあちこちに動いてしまうように、自分の立場や考えを持たずにその時の利益や力関係、都合によって、どちらの立場にでもなることをいう。または、態度が不安定で対立している両方に媚びることをいう。節操がないことを軽蔑していう言葉。
膏薬とは、油や蝋で薬を練り合わせた外用薬(塗り薬または貼り薬)のこと。

同類語・同義語

  • 二股膏薬
  • 洞ヶ峠を決め込む
洞ヶ峠を決め込む(ほらがとうげをきめこむ)
分類ことわざ意味信念を持たぬまま形勢の良い方につこうとすること。また、有利な方につこうと、様子を伺いはっきりとした態度を取らない、という意味。洞ヶ峠(ほらがとうげ)は、本能寺の変で織田信長が討たれた後、羽柴秀吉と明智光秀の山崎の戦の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました