禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)

禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし) 「か」

分類

ことわざ

意味

この世の幸せや不幸せというものは、あたかも撚られた縄のようなもので、幸福と思ったことも禍(わざわい)となり、禍と思ったことも幸福となる場合が多い。幸福と災難が一本の縄のように絡み合うように交互にやってくる、という意味。
『史記』にあることばより。

コメント

タイトルとURLをコピーしました