虎にして冠す(とらにしてかんす)

虎にして冠す(とらにしてかんす) 「と」

分類

ことわざ

意味

衣冠(参内するための束帯に次ぐ略服。衣服と冠)のような立派な衣服に身をまとっていても、心が残虐な様をいう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました