左顧右眄(さこうべん)

左顧右眄(さこうべん) 「さ」

分類

ことわざ

意味

周囲に気を遣って、右へ行くか左へ行くか、決断が付かないことをいう。
「左顧」は左を振り向くこと、「右眄」は右を流し目で見る、という意味。

タイトルとURLをコピーしました