歳月人を待たず(さいげつひとをまたず)

歳月人を待たず(さいげつひとをまたず) 「さ」

分類

ことわざ

意味

時間は、人間の気持ちや事情とは関わりなく過ぎ去ってしまうもので、待ってはくれない、という意味。また、過ぎ去ってしまう年月を、油断したり怠惰に過ごしたりしてはいけない、という意味も。

同類語・同義語

  • 光陰人を待たず
  • 光陰矢の如し(こういんやのごとし)
  • 光陰流水の如し(こういんりゅうすいのごとし)
光陰矢の如し(こういんやのごとし)
分類ことわざ意味月日の過ぎ去っていくのは飛んでいく矢のようなものだ。時間の経過の早いことのたとえ。「光」は太陽、「陰」は月のこと。年月が早く過ぎ去っていくことは、まるで矢が一瞬の間に飛び去るように早く、しかも過ぎ去った時間は、矢が再...

コメント

タイトルとURLをコピーしました