聞いた百文より見た一文(きいたひゃくもんよりみたいちもん)

聞いた百文より見た一文(きいたひゃくもんよりみたいちもん) 「き」

分類

ことわざ

意味

百文の値打ちがある、と言葉で聞かされるよりも、一文といえども実際に見た方が価値がある、という意味。

同類語・同義語

  • 明日の百より今日の五十
  • 明日の百より宵の五十
  • 後百より今五十
明日の百より今日の五十(あすのひゃくよりよいのごじゅう)
分類ことわざ意味将来の多くの収入を得ようとするよりも、現在・只今に、その半分の収入を得ることの方が確かで良い、という意味。明日に百が手に入るかもしれないが、それは確かなことではなく、半分の五十と少なくても今確実に手に入ることの方が良...

コメント

タイトルとURLをコピーしました