瓜田に履を納れず(かでんにくつをいれず)

瓜田に履を納れず(かでんにくつをいれず) 「う」

分類

ことわざ

意味

人に疑われるような言動は慎んだ方が良い、という戒め。
「瓜田」とは、瓜(ウリ)の畑のこと。「履を納れる」とは、靴等の履物が脱げてしまったので、かがんで足を履物に入れて履きなおす様をいう。
ともすると、瓜泥棒と疑われかねないため、瓜畑で履物が脱げても履物をかがんで履きなおすことはしてはならない、ということから。
この言葉の後に「李下に冠を正さず」と続く。

同類語・同義語

  • 瓜田に履を納れず李下に冠を正さず
  • 李下に冠を正さず
  • 李下の冠
李下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず)
分類ことわざ意味他人から嫌疑を受けるような行為や疑いを招くような行動は慎まなくてはならない、という戒め。李(スモモ)の木の下で冠を正す行為をすると、その木に実っている李の実を盗むのではないかと疑われるためにそのような行為をするべきで...

コメント

タイトルとURLをコピーしました