ごまめの歯軋り(ごまめのはぎしり)

ごまめの歯軋り(ごまめのはぎしり) 「こ」

分類

ことわざ

意味

ごまめとは、正月料理などに出される小さなカタクチイワシを干したもの。
そのごまめが、歯をギシギシと鳴らして残念がる姿をたとえ、実力の無い者がやたらと悔しがること。
また、自分に力がないことをいくら悔しがっても無駄である、という意味も。

同類語・同義語

  • 蟷螂の斧
  • 蟷螂の怒り
  • 蟷螂の手をあげて降車に向かう
  • 蟷螂斧を以て降車に向かう
蟷螂の斧(とうろうのおの)
故事のなかの「蟷螂の斧(とうろうのおの)」の意味を記載したページです。「蟷螂の斧」と同じ意味の故事やことわざも紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました