月に叢雲花に風(つきにむらくもはなにかぜ)

月に叢雲花に風(つきにむらくもはなにかぜ) 「つ」

分類

ことわざ

意味

良い事にはとかく邪魔が入りやすいもので、この世は思うようにはいかないものだ、という意味。また、都合の良い事にはとかく差し障りが起こりやすいものである、という意味。
美しい月が出ると、群がった雲(叢雲)が月を隠し、また、美しい花が咲くと、風が吹いてその花を散らしてしまう、ということから。

同類語・同義語

  • 花に嵐
  • 好事魔多し
花に嵐
分類ことわざ意味花が咲けば嵐が来て散らそうとするように、とかく都合の良い事は支障が起こりやすい、という意味。同類語・同義語 月に叢雲花に風 好事魔多し
好事魔多し(こうじまおおし)
分類ことわざ意味良いことやめでたいことは、とかく邪魔が入りやすいものだ、という意味。「好事」は、良いこと、めでたいことの意味。同類語・同義語 月に叢雲花に風 花に嵐

コメント

タイトルとURLをコピーしました