匹夫も志を奪うべからず(ひっぷもこころざしをうばうべからず)

匹夫も志を奪うべからず(ひっぷもこころざしをうばうべからず) 「ひ」

分類

ことわざ

意味

「匹夫」はスケールの小さい、つまらない人間のこと。その匹夫でも、堅固な志をしっかりと持つ者は、誰もその志を動かすことができない、という意味。論語にある句。

同類語・同義語

  • 匹夫も志を奪う可からず
  • 三軍に帥を奪うべし、匹夫志を奪うべからず
三軍に帥を奪うべし、匹夫志を奪うべからず(さんぐんすいをうばうべし、ひっぷこころざしをうばうべからず)
分類ことわざ意味大軍の総帥(大将)という地位は奪うことができても、志というものは教養のないつまらない男からも奪い取ることができない。そこから、どんなにつまらない人でも、馬鹿にできない、という意味。同類語・同義語 匹夫も志を奪う...
タイトルとURLをコピーしました