厄介

「ね」

寝た子を起こす

分類 ことわざ 意味 せっかく収まっている事柄に手出しして、また厄介な問題をわざわざ引き起こすことをいう。また、余計なことをすることのたとえ。 やっと寝かしつけて静かに寝ている子供を、用もないのにわざわざ起こして泣かせてしまう、ということか...
「た」

他人の飯を食う

分類 ことわざ 意味 他人の間で揉まれ、実社会での経験を積むことをいう。 親元を離れて他人の家に厄介になって飯を食ってみる、ということから。
タイトルとURLをコピーしました