情け

「き」

窮鳥懐に入れば猟師も殺さず(きゅうちょうふところにいればりょうしもころさず)

分類 ことわざ 意味 人が困って助け・救いを求めてきたときは、どんな事情があっても助けてあげることが人情の常である、という意味。 猟師は鳥を捕獲することを仕事とするものだが、その猟師でも、追い詰められて逃げ場を失った鳥が自分を頼みにして逃げ...
「は」

初めの情け、今の仇(はじめのなさけ、いまのあだ)

ことわざのなかの「初めの情け、今の仇(はじめのなさけ、いまのあだ)」の意味を記載したページです。
タイトルとURLをコピーしました