一難

「い」

一難去ってまた一難(いちなんさってまたいちなん)

分類 ことわざ 意味 災難をどうにか切り抜けて一安心しているところへ、また別の災難がやってくることをいう。 同類語・同義語 前門の虎後門の狼
タイトルとURLをコピーしました