雑念

「し」

心頭滅却すれば火もまた涼し(しんとうめっきゃくすればひもまたすずし)

分類 ことわざ 意味 心に浮かぶ雑念をすべて捨て去って無念無想で事に当たれば、たとえ火の中に入っていても涼しいと感じるようになる、という意味。 甲州恵林寺の僧快川国師(かいせんこくし)は織田氏の軍勢に囲まれて寺に火をつけられた時、この句を唱...
「せ」

聖人に夢なし

ことわざのなかの「聖人に夢なし」の意味を記載したページです。「聖人に夢なし」と同じ意味のことわざも紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました