菖蒲(アヤメ)

「と」

十日の菊六日の菖蒲(とおかのきくむいかのあやめ)

分類 ことわざ 意味 時機遅れの間に合わなさを指していった言葉。 九月九日は重陽の節句(ちょうようのせっく)といって菊の節句、五月五日は端午の節句(たんごのせっく)といって、菖蒲(しょうぶ)の節句となり、それぞれ一日遅れの、九月十日の菊、五...
「い」

いずれ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)

分類 ことわざ 意味 二者択一するにしても、いずれも優れていて甲乙つけがたいことをいう。 アヤメもカキツバタも、共にアヤメ科の草花で紫・白の花を咲かせて似ているため、区別が難しいことから。 源三位頼政が美女である菖蒲前(あやめのまえ)を賜り...
タイトルとURLをコピーしました