船頭多くして船山に上る(せんどうおおくしてふねやまにのぼる)

船頭多くして船山に上る(せんどうおおくしてふねやまにのぼる) 「せ」

分類

ことわざ

意味

船の舵を取る船頭が必要以上に多いために行き先に統一が取れないので、最終的には船が山を上ってしまうことになりかねないことから、世話を焼く人が多すぎたり、指図する人が多すぎると、かえって物事がうまく捗らず、とんでもない方向を進んでしまう、という意味。

同類語・同義語

  • 積羽舟を沈む

コメント

タイトルとURLをコピーしました