商人

「あ」

商人は損していつか倉が建つ(あきんどはそんしていつかくらがたつ)

分類 ことわざ 意味 商人は日頃、損した損したと言っているが、いつの間にかお金持ちになっているものだ、という意味。 川柳の句。
「し」

塩を売れば手が鹹くなる(しおをうればてがからくなる)

ことわざのなかの「塩を売れば手が鹹くなる(しおをうればてがからくなる)」の意味を記載したページです。
「あ」

商人と屏風は曲がらねば立たぬ(あきんどとびょうぶはまがらねばたたぬ)

ことわざのなかの「商人と屏風は曲がらねば立たぬ(あきんどとびょうぶはまがらねばたたぬ)」の意味を記載したページです。「商人と屏風は曲がらねば立たぬ」と同じ意味のことわざも紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました