攻撃

「む」

向かう鹿には矢が立たず(むかうししにはやがたたず)

分類 ことわざ 意味 素直で従順なものには攻撃は仕掛けられない、ということ。 こちらを向いている鹿では、矢を射かけるわけにもいかない、ということから。
「け」

捲土重来(けんどちょうらい)

分類 ことわざ 意味 一度失敗した者が、再び勢いを盛り返して物事に取り掛かること。 たとえ一度戦いに敗れても、土煙を巻き上げて再び攻撃する、ということから。 「捲土」は、土を巻き上げるような勢いのこと。「重来」は、重なり来ること。「重来」は...
「し」

室に入って戈をとる(しつにいってほこをとる)

分類 ことわざ 意味 師(先生)に教わった道をもってかえって師(先生)を攻めたり、相手の論ずるところによってこれを利用して逆にその相手を攻める、という意味。 他人の部屋に入り、その人の武器を手にして、その武器で人を攻撃する、ということから。...